強力クラビットでクラミジアを粉砕

クラミジア感染に気付いたら、直ぐに通販治療をお勧めする

避妊の種類と感染率

避妊の方法として有名なのが、コンドーム・IUD・ピル・タイミング法・殺精子剤などがあります。
成功率は様々ですが、これらの方法を選択すれば妊娠を防ぐ事も可能です。
しかし、方法によっては直接性器と性器が接触する事になります。
そうなると残念ながら性病には感染してしまう事があるので注意が必要です。
避妊をすれば性病にも感染しないと思っている人も中にはいますが、実はそうではありません。
接触する事によって菌は移っていく物です。
そのため、コンドーム以外の方法の場合は、性病を防ぐ事が出来ないという事を理解しておきましょう。
また性病は性器のみで感染すると思われがちですが、決してそうではありません。
喉などにも感染し、症状が出てくる事もあります。
したがってオーラルセックスやディープキスなどにも注意が必要です。
避妊方法としても良く知られているコンドームは、性病を防ぐ事が出来ます。
しかし利用するタイミングによっては全く効果がない事もあるので注意しましょう。
まず重要な事は、コンドームは挿入する前から装着するという事です。
そうする事で、直接触れ合う事がなくなるので、性病に感染する可能性がかなり減ります。
性病の中には全く症状が出てこない物もあります。
また症状の出方は人それぞれで、同じ菌が原因となっていても、全く症状が出ない人もいればそうではない人もいるのです。
性行為をする時は望まない妊娠をしないようにするのも必要な事ですが、それと同じ位に性病にも感染しないように注意する必要があります。