強力クラビットでクラミジアを粉砕

クラミジア感染に気付いたら、直ぐに通販治療をお勧めする

トリコモナスには、ファシジンでしょ!

トリコモナス原虫の寄生によって起きる病気で、膣に炎症を起こす事が有名です。
主な感染経路は性行為ですが、それ以外にも感染する事があります。
それがタオルや衣服、そして浴槽の縁などです。
これらに性器が接触する事で感染してしまう事があるので注意が必要です。
また出産時に産道を通る時に新生児が感染してしまう事もありますが、このケースはごくまれとなっています。
性感染症の一つなのでどうしても性行為で感染すると思われがちですが、実際には性行為以外にも感染経路はあります。
そのため、幼児が感染するケースもあるので注意が必要です。
トリコモナスは感染したからと言ってすぐに症状が出てくるわけではありません。
潜伏期間は約3週間です。
しかしこの時点で全ての人に症状が出てくるわけではなく、感染者の約半分は症状が出ずに感染にすら気づかない事があります。
主な症状としては、膣・尿道・膀胱などに炎症を起こしてしまうと言うのですが、それ以外にも症状が出てくる事があります。
例えばおりものが泡沫状になっていて、悪臭がする様になる、外陰部に痒みを感じるようになる、などです。
男性の場合は排尿痛がある事もありますが、放置しておくと前立腺まで感染してしまい、前立腺炎になる事もあるので注意しましょう。
女性の場合はおりものの変化が最も大きな症状ですが、放置しておくと卵管なども炎症を起こしてしまう事があります。
そうなるとトリコモナスによる不妊症になってしまう可能性があるだけでなく、流産してしまう事もあるので注意しましょう。